便利な伝送ソフトで国保連へ介護保険請求|家族も安心出来る

入居するまでにチェック

手

大阪でも老人ホームの需要はかなり高まっています。大阪で老人ホームに入居するのであれば、介護の必要度を的確に見極めたうえで施設を選択することが重要になります。大阪には老人ホームの種類がいくつかあるため、その入居条件をしっかりと把握しておきましょう。

まず老人ホームの種類の中でも、大阪で多いのが介護付き有料老人ホームになります。こちらの老人ホームの入居条件としては、施設が混合型か介護専用型かを確認することが重要です。混合型は要介護認定を受けていなくても入居することが出来ますが、介護専用型は要介護認定を受けている人のみの入居となるため、注意が必要です。そして混合型の場合、入居当時は認定を受けていなくても、入居中に医療の提供頻度が高くなった場合や、施設の規則にそぐわないと判断された場合は退去しなくてはならないこともあります。そういった将来的なことも考えておくことが大切です

介護付き有用老人ホームのメリットとしては、介護認定を受けている方の受け入れを想定しているため、高品質な介護を受けるための設備やサービスが充実しているという点です。そして、こちらの施設では看護師がいるため、医療サポートに関しても申し分ありません。デメリットとしては、入居者のほとんどが自ら動くことが出来ないということもありますが、基本的に1人あたりの部屋の大きさが狭いという点です。また介護サービスを重視している施設になるため、住宅型有料老人ホームと比べると、共用施設が充実していないケースが多くなります。