便利な伝送ソフトで国保連へ介護保険請求|家族も安心出来る

老人ホームの種類

シニア男性と介護師

鹿児島市では高齢化社会化が進むなか、有料老人ホームの需要がますます高まっています。有料老人ホームとは鹿児島市の民間の企業が運営している老人ホームで、介護が必要な高齢者や、要支援状態の高齢者の受け入れをしています。また介護認定を受けていない、自立している方の入居も可能なのが特徴になります。この有料老人ホームには介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホームとがあります。両者は同じものとして認識されがちですが、その内容は多少異なります。こちらのページでは、住宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームとの違いを確認していきましょう。

まず介護付き有料老人ホームとは特定施設入居者生活介護の指定を受けている老人ホームのことを指しており、食事、入浴、清掃、機能訓練などの介護サービスを24時間受けることが出来ます。鹿児島市の有料老人ホームのなかでも介護付き有料老人ホームの数は最も多く、一般的に鹿児島市で老人ホームというと、このタイプを指していることがほとんどになります。一方住宅型有料老人ホームは、自立した健康な高齢者、または要介護度がそこまで重くない方向けの居住施設となります。住宅型有料老人ホームは、介護付き有料老人ホームと違い、特定施設入居者保護の認定を受けていません。そのため、食事や生活支援のサービスはありますが、介護サービスに関しては外部のサービスを利用することになります。介護をするための設備が整っている老人ホームという風に認識しているといいかもしれません。